虫歯の多い県と少ない県の違いってなに?

虫歯の多い都道府県と少ない都道府県の違いについて考えよう

日本国内における虫歯の現状

この記事をシェアする

日本国内で虫歯の多い地域

日本国内における虫歯の多寡について考える場合、単純に虫歯の患者数が多い地域なら、新潟や愛知です。
両地域は国内において虫歯の患者数が少ない地域、虫歯の発症数を抑制することに成功した地域とされています。
このことからお分かり頂けるように、虫歯の患者数が多い地域が必ずしも虫歯の多い地域というわけではなく、虫歯の患者として反映されていない、虫歯を発症していながら歯科医院で治療を受けていない潜在的な虫歯の患者数的は、北海道や北九州、沖縄などが多いとされています。

よって、日本国内において虫歯の多い地域としては、北海道・北九州・沖縄などが挙げられる他、潜在的な虫歯患者の数も想定すると、これに東北も加わることになるでしょうか。

国内の虫歯が多い地域に共通するもの

基本的に洋菓子やジュースのような糖分が多く、口腔内に付着したり残留したりしやすいものを食べる機会が多い程、虫歯になりやすくなります。
食文化を含め文化の普及と発信の中心である都心部に虫歯の患者が多い傾向にありましたが、現在の日本国内で虫歯の多い、北海道・東北・北九州・沖縄といった地域はいわゆる地方と称される地域です。

これは、都心部で歯の重要性を訴える予防歯科の重要性が認知されたことによって、都心部においては歯のケアに積極的に取り組み始めたのに対し、食文化の伝播と同様に歯と予防歯科の重要性が地方に普及するまでのタイムラグが生じていることに原因が求められます。

加えて東北と北九州に関しては、大規模な震災や洪水などにより、家や勤務先を失ったことに起因し、経済的な余裕が損なわれたことにより食生活を変えざるを得なかったことも無関係ではないでしょう。