虫歯の多い県と少ない県の違いってなに?

虫歯の多い都道府県と少ない都道府県の違いについて考えよう

虫歯の少ない地域とその要因

この記事をシェアする

日本国内で虫歯の少ない地域

日本国内において虫歯の少ない地域として、新潟と愛知が挙げられます。
新潟を含む中部全域や四国全体が虫歯の少ない地域というわけではなく、新潟と愛知が個別に虫歯の少ない地域となっているという点はご留意ください。

新潟と愛知の両県共に都心部寄りではなく、完全に地方に属すると言っても過言ではないため、両県は虫歯が多い傾向にある地方にあるにもかかわらず虫歯の少ない地域であることから、矛盾しているように感じられる方がおられるかも知れません。
新潟と愛知の虫歯の数が少ないのには明確な理由があります。

新潟と愛知の虫歯が少ない理由は、至ってシンプルなものです。
新潟と愛知の両県が予防歯科に県を挙げて取り組んだからに他なりません。

国内における虫歯の少ない地域の傾向

既に述べた通り、日本の国内において虫歯の少ない地域は新潟と愛知の両県で、その理由は極めてシンプルに、新潟と愛知では県を挙げて予防歯科に取り組んだことこそが、虫歯の少なさを決定づける要因でしょう。

新潟を例に具体的な予防歯科への取り組みについて述べると、新潟は予防歯科に取り組み始める以前、全国的に見ても虫歯の多い地域でした。
その虫歯の多さに懸念を抱いた県が県を挙げて予防歯科の重要性の周知に努めただけではありません。
学校での歯科検診において、他の都道府県の大半が虫歯の有無のチェックのみに終始する中、学校での歯科検診後に虫歯ないし初期虫歯があった生徒に対し、歯科治療を受けるに当たり学校が生徒を監督しており、きちんと歯科医院での治療を受けたか確認しています。

県を挙げて予防歯科に取り組んだ結果、新潟県内は予防歯科がしっかりと周知され、国内でトップクラスに虫歯の少ない地域にまで至ったのです。